よくあるご質問

教会音楽は何をしているの?

礼拝では、たくさんの賛美歌を歌います。ルーテル教会ではその音楽をとても大切にし、聖歌隊もあります。

1998年にオランダ人 B.エツケス氏によって建造されたパイプオルガンは長い間、宮崎教会の礼拝を支えてきましたが、2015年には熊本市にある九州ルーテル学院に移設されました。それ以後は、神戸洋幸氏建造のポジティブオルガンが会堂に心地良く響いています。 2017年秋には宗教改革500年目の記念行事として、横田宗隆氏による更に美しいオルガンが完成し、オルガンバルコニーに設置されます。

2018年には教会内外にお披露目をしますので、現在教会では少しずつそのための準備が進んでいます。会堂ではオルガン演奏会は勿論、歌やフルートとのアンサンブル、メサイア全曲演奏会、オルガンレッスン、CD録音も行われており、私たちの教会活動の特徴を担っています。